Illustrator based in Paris.

旅遍歴

2020年05月3日

以前旅先で知り合った韓国人の女性から、10年ぶりにメールが届いた。 知り合ったのは更にその6年前、イタリアでのことだ。それでもメールの差出人を見た瞬間に、当時の彼女の顔(というか全体的な雰囲気)がパッと蘇り、次いで、旅の […]

続きを読む »

2020年

2020年01月10日

あけましておめでとうございます。 4度目のフランスでのお正月、毎度年が明けた気がしないのだけれど、今年は既に10日も経っていてビックリする。   最近のマイブームは村上春樹の小説「1Q84」と、じゃがいものピュ […]

続きを読む »

自転車でロワール古城めぐり

2019年09月7日

7月に10日間程、古城で有名なロワール地方へ行って来た。フランスの北部に位置するパリからは、南西へ電車で2時間くらいの所だ。ロワール川流域には数百もの古城が点在しており、世界遺産にも登録されている。以前からその景観の素晴 […]

続きを読む »

スリ体験記

2019年07月26日

今年のGWに、日本から女友達二人が遊びに来てくれた時のこと。   フランクリン・ルーズベルト駅で乗り換えた際、自分と夫は先にメトロに乗り込み、後ろを振り返ると既に二人は、一緒に乗り込んで来たらしい10代前半の少 […]

続きを読む »

2019年、平成31年

2019年01月30日

《ごあいさつ》突然ながら、皆さまお変わりないでしょうか?半年も放っておいて何ですが、特に私生活が大変という訳ではないので、ご安心を。フランス語の勉強という大義名分があるので、未だにどこか学生気分が抜け切らず、のんびりした […]

続きを読む »

2年半

2018年07月6日

また随分間が空いてしまった。パリは今、本格的な夏が始まった所で、夜、窓を閉め切って寝るのが厳しくなって来たけれど、日本の夏に比べればまだまだ可愛いものである。あのうだるような蒸し暑さを思い出せば、こちらの夏に文句など付け […]

続きを読む »

Moi, Tonya(英題 ‘I, Tonya’)

2018年03月16日

観終わってからも中々頭を離れない映画というのがたまにある。 この間観た「Moi,Tonya」もその一つ。1990年代にフィギュアスケートで国際的に活躍したトーニャ・ハーディング。ライバル選手が暴漢に襲われた事件の黒幕だっ […]

続きを読む »

フランス語講座

2017年12月7日

以前書いたブログの日付を見たら、既に4ヶ月が経とうとしていた。気分屋なことに自覚はあるが、さすがにここまでサボると季刊誌のようだ。であれば季節の話題から始めようと思う。   12月に入って、パリはめっきり寒くな […]

続きを読む »

発見

2017年08月17日

去年の今頃は、南フランスを自転車で回っていた。私にとってはあんなハードな旅は初めてだった(過去ログ参照)が、思い出となってしまうと良いことばかり思い出されるのは不思議なものだ。   さて、先日また、自転車旅行に […]

続きを読む »

カモメ

2017年06月30日

自宅から歩いて15分程の所に、森が広がっている。入り口の近くには湖があり、その中には人工的に造られた島が二つ繋がっていて、夜間以外は行き来できるようになっている。孔雀、白鳥、雁、鴨、ガチョウ、などなど様々な鳥達が住んでお […]

続きを読む »

初夏の出来事

2017年05月29日

このところ晴天が続き、日中は30度を超える日も出て来た。暖かくなって喜んでいたと思ったら、汗だくで暑さに辟易するのももうすぐ。季節が変わるのは早いと、毎年同じことを思っている。   今月の初め、久々にフランスの […]

続きを読む »

シャンゼリゼ

2017年04月24日

先週シャンゼリゼで発砲事件が起きた。夫と一緒に寝室で、映画を観ていた所だった。手洗いから戻って来た夫に、ネットのニュースを見せると、ああまたか、という反応。麻痺して来ている。怖くても、その恐怖心を抱えたまま生活することも […]

続きを読む »

「未来をなぞる」「ほんとうのうた」

2017年03月17日

ここ数日、すっかり春らしい暖かさに包まれて、少々浮かれ気味である。身につけるものも春のものに変え、毛糸のもこもこから、少し薄く軽い素材になった。心も身体もなんだかフワフワ、そわそわしている。 ブログを見返したら、昨年は4 […]

続きを読む »

ひらがなカード

2017年02月23日

ひらがなを一文字ずつ覚えるための、カードを作り始めた。大きさはハガキを横にして半分にしたくらい。まず大きくひらがなの文字を一文字配置し、それに書き順をつけて、下には例として小さく、その文字から始まる短い言葉(名詞、動詞、 […]

続きを読む »

新年

2017年01月31日

明けて既にひと月経とうとしている。   Webサイトの名前を、以前の「pen and mew」から本名に変更した。 日本に居た時は、「hira」という子供の頃の渾名で活動し、本名を出さない方が心地良かったのだけ […]

続きを読む »

レユニオン島

2016年12月28日

マダガスカル島の隣にある小さな島、フランス領レユニオン島へ、7泊11日というスケジュールのツアーで行って来た。団体での旅行は高校の修学旅行以来だろうか。ほとんどがバス移動で、自由な時間はあまり無かったけれど、全てオーガナ […]

続きを読む »

ハクソー・リッジ

2016年11月14日

映画を観た。第二次世界大戦時の沖縄で、銃の携帯を拒否し、武器を持たずに従軍したアメリカの衛生兵の話。 最初、映画のあらすじを聞いた時、なるほど人の命を救う仕事をする人なら、人を傷つける道具を拒否することもあるかもしれない […]

続きを読む »

39

2016年11月4日

ここ数年、自分の歳の下一桁がボンヤリしている。新年明けてしばらくは、平成の年号を間違えそうになるのと同じように、自分の歳も一つ重ねたことに意識が付いて行かず、えーっと今何歳だったっけ、と数秒間が空くことがある。十代の時は […]

続きを読む »

読書の秋

2016年10月10日

10月に入った途端、朝晩10度を切る寒さになり、街を歩く人は冬物のコートを着ていることも少なくない。9月の下旬に、彼の従姉妹の結婚式に出席した際は、日中はよそ行きの半袖とスカート、素足にサンダルでも大丈夫なくらい暖かかっ […]

続きを読む »

自転車旅行

2016年09月5日

8月はバカンスという優雅な響きからは程遠い、ハードな自転車旅行で約3週間、フランス南部のプロヴァンスを周り、最後の週末は旦那さんの叔父さん夫婦の住む、北部のノルマンディーで過ごした。あっという間だが相当に密度の濃い一ヶ月 […]

続きを読む »

星の王子さま

2016年07月29日

私がフランス語を学び始めて、初めて買った参考書が、かの有名な「星の王子さま」を題材にしたものだった(その昔、勉強も兼ねて英語で読もうとして数ページで挫折、その後全く読んだことがなかった)。一見して、入門レベルの自分にはま […]

続きを読む »

モンブラン

2016年07月9日

モンブランに登りたいと思う、と彼から初めて聞いたのはいつだったろう。結婚を決めた去年の秋頃だっただろうか。当初、モンブランとエベレストの違いもよく知らなかった私は、なんでそんな危険なことしたいの?!と取り乱したが、人生で […]

続きを読む »

ベランダの攻防

2016年06月7日

ベランダに鳩が来て困っている。鳩そのものには何の恨みもないのだが、彼らの落とす糞や羽でベランダが汚れるのは嫌なのだ。しかし実のところ新参者は私の方で、彼らはここで生まれ育っているらしい。鳩が生まれ育つって、結構な環境だと […]

続きを読む »

仏式結婚狂想曲

2016年05月12日

先週の金曜日に、今住んでいる街の市役所で、結婚式をした。式は16時から、その後自宅に移動して、17時からパーティ。新郎新婦自ら手料理でおもてなし、といえば聞こえは良いが、私は全く料理に自信がなく、大人数なんて以ての外。当 […]

続きを読む »

逃げるという選択

2016年05月3日

随分前に書いたまま、途中で止まっていた記事にもう一度取り掛かってみることにする。 熊本と大分の地震。連日の余震に、眠れず過ごしている人達のことを考えると、その不安と恐怖はどれ程のものかと堪らない気持ちになる。5年前の震災 […]

続きを読む »

春の訪れ

2016年04月14日

日本では既に花見も終わったとか。こちらはまだ冬と春の中間で、日中は20度近くまで気温が上がる時もあれば、朝晩は10度以下で、冬物のコートを手放せないでいる。4月も半ばなのにな〜、と思うけど、気候を比べて嘆いても仕方がない […]

続きを読む »

アルプスにて

2016年03月31日

先週末、スイスとイタリアとの国境近く、フランスの南東の端にあるValloire(ヴァロワール)という街に行ってきた。彼と彼の同僚のおじさん二人と、計四人。 山歩きとスキー、どちらも馴染みがないので、観光がてらくっ付いて行 […]

続きを読む »